飛行機で行くスキーの魅力

飛行機で行くスキーと聞くと、ぜいたくだとか、自分には縁がないとはなから決めつけていませんか。

でも、雪があまり期待できないシーズンに本州の雪のあるゲレンデを探すよりも一気に飛んだほうが雪がたっぷりあるスキー場が見つかります。また、飛行機で行くときは、バスのように狭い座席に長時間押し込まれることもないし、鉄道に乗ったときのように板やブーツを抱えて、乗り換えのためにホームを上り下りすることもありません。

ましては、自家用車でスキー場から帰るときに高速道路で30キロメートルの渋滞に巻き込まれることもないのです。
飛行機だとお金はかかるかもしれませんが、その代わり移動することについてのストレスが限りなくゼロに近いです。

せっかくスキーを楽しんでストレスを解消しても、その前後の移動でストレスをためるのはつらいです。

名古屋発富士急行きに関する情報を公開しているサイトです。

飛行機で一気に飛んだ先には、本州より人口密度が低くて、そして、広いゲレンデが待っています。

どれだけ滑りまくっても、まだまだ滑ってないコースがあるはずです。



滑り倒しているうちにおなかいっぱいの状態になることでしょう。



そして、1日中ゲレンデを滑りまくった後は、温泉とおいしい食事で心と体をリカバリーさせましょう。


このようなゲレンデと温泉と食事を2日も続けるころには、ストレスもどこかに吹っ飛び、心身ともにリフレッシュできます。


さらにもう1日滑ると、多少いやなことがあってもそれを跳ね返せるだけの心身に戻っています。


あなたも飛行機でスキーに行ってみましょう。